「社員が幸せでなければ、会社を経営する意味はないと思っています。
だから人が命なんです。弊社には、親子で社員として働いてくれている方もいるんですよ。」

 

そう語るのは、中山化成社長の谷口知幸氏。

中山化成は、国内トップレベルの縫製技術を持ち、高級自動車レクサスの最高級シートを作っている会社であり、その技術力を評価されTOYOTAから直接依頼を受けるメーカーである。

 

自分の会社が良いと思わなければ、我が子に入社は勧めない。
それだけ働きやすく良い職場ということの証といえる。また通常では、新卒の離職率は3割を超えるが、中山化成は1割にもいかないという驚異の離職率の低さを誇る点も魅力となっている。

 

新卒者の離職率の低さ、その要因は何か。

「弊社は3者面談を行います。本人だけでなく、保護者や学校の先生もです。それも入社前と入社後、全部合わせると6回になりますね。(笑)ただ社員の周りの方ともコミュニケーションをとることで、本人が悩んでいたり困っていたりする事を聞くことができますし、一緒に育てていくんだという弊社の思いも伝わりますからここは絶対に手を抜かない部分です。」

中山化成の欲しい人材像は、「コミュニケーション能力が高くない子」だという。

通常なら、コミュニケーション能力は必須のように感じられるが、「コミュニケーション能力の高い学生は、弊社ではなく他の会社で働けばいいんです。弊社は一つのことを、実直に地道にやれる子がいいんです。自分の思いを伝えられる子だけがいいんじゃなくて、うまく伝えられなくても自分の役割に真摯な姿勢で臨める子や、途中で投げ出さない子など、いいものを持った子をしっかりと育てていきたいです。」

高校生の新卒採用を初めて5年以上たち、今では学校側とも信頼関係ができ、学校側から紹介してくれる状況になっているという。また、TOYOTA本社の人材育成ノウハウを社内で行っているため「改善」の精神がしっかりと根付いている。

「有難い事に、仕事の依頼が絶えず正直今かなりの人手不足です。だから、もっと多くの人に中山化成を知ってもらいたい。日田にこんな企業があるんだよということを知ってもらいたいんです。」

「自分たちが、最高級レクサスを作っているんだという誇りが社員全員にあります。縫製技術は1~2か月じゃ上達しませんが、そこにまた目標ができる。そうやって社員のやりがいや幸せを共有できたときが僕も一番幸せです。」

 

中山化成のコア・コンピテンス

TOYOTA本社と同じ社員教育制度や研修制度を導入しているため、非効率性や無駄を徹底的に排除している。
その分売上を社員に還元し、働きやすさや福利厚生を非常に手厚くしている。社員満足度の高さがそのまま離職率の低さとなっているお手本のような企業。

 

 

【中山化成有限会社】
http://www.nakayamakasei.co.jp/
本社:大分県日田市大字川下133-6    電話/FAX:0973-24-5228/0973-23-8002
日高工場:大分県日田市大字日高2308-1 電話/FAX: 0973-22-7730/0973-22-8871
川下工場:大分県日田市大字川下72-1  電話/FAX : 0973-22-0377/0973-28-5223