2月12日に、NINAU主催の一大イベントが開催されます!
立命館アジア太平洋大学第四代学長 出口治明氏を迎え、日田市の高校1年生全員が参加する「おとな先生番外編」!
日田のこれからを担う若者たちと、「働く」ということについて考えます。


立命館アジア太平洋大学第四代学長 出口治明氏

【本イベントの目的】

高校卒業と同時に、約9割の学生が県外へ進学・就職している日田の現状。
その課題解決のため、在学中に「自分らしく働く事」「自分たちが地域を担う存在である事」を意識してもらうための講演会やディスカッションを行います。
実行委員として、企画運営も高校生が行います。
将来日田を元気にするのは自分たちだ!!というイベントです。

【イベントの概要】

社会構造の変化で、キャリアの3大構造(教育~仕事~定年老後)が崩壊するといわれている現代。
特に今の10代は、「生き方のお手本」がなくなり、自身で考え行動しなければならない時代がやってきます。
個人のキャリア観を促し、将来のイメージやビジョンを培わなければなりません。
そこで、58歳で起業し自らキャリアを切り開いた出口治明氏を講師に迎え、キャリアデザインの重要性や考え方を提唱してもらいます。